瀬底ビーチ | 営業時間・シュノーケル・駐車場・周辺ホテル情報まで徹底解説!

本部町のビーチ

瀬底ビーチは沖縄本島の北部、本部町の瀬底島という離島にあるビーチです。

瀬底島は離島ではありますが、瀬底大橋で沖縄本島と繋がっているので車で行くことができます。

瀬底ビーチの特徴としては、実際に見ると圧倒されるような透明度の高い海とキレイな砂浜が特徴で、近くにはヒルトン沖縄瀬底リゾートがあり観光地としても人気な場所です。

また、遊泳設備も整っていて、シュノーケリングなどのアクティビティが完備されており、大人から子どもまで楽しく遊べる人気なビーチです。

「キレイなビーチ」と「リゾート地の雰囲気」、「マリンアクティビティ」を一つの場所で楽しめとても贅沢な場所です。

Advertisement

瀬底ビーチの評価

  • 海の透明度・・・・・5.0
  • 砂浜の美しさ・・・・4.7
  • 休む場所の多さ・・・4.0
  • 遊泳設備・・・・・・4.0
  • 開放感・・・・・・・5.0
  • 自然な感じ・・・・・4.5

※評価はOkinawa Bookmark管理者が他の県内ビーチと比較しての主観となります

瀬底ビーチの基本情報

遊泳期間4~6・10月:9:00-17:00
7~9月:9:00-17:30
営業時間4~6・10月:9:00-17:00
7~9月:9:00-17:30
遊泳料金無料
防護ネット有り
監視員有り
シャワールーム有り
ロッカー有り
遊泳器具レンタル有り
アクティビティ有り
売店有り
トイレ有り
公式HP瀬底ビーチ公式HP

瀬底ビーチは、監視員や保護ネットもありますので大人から子どもまで安心して遊ぶことができます。

また、マリンアクティビティが豊富でシュノーケリングなど様々な体験をできます。

【遊泳器具レンタル】
・パラソル
・チェア
・パラソル&チェア(2脚)セット
・マスク(水中メガネ)& スノーケルセット
・フィン
・アクアシューズ
・ライフジャケット
・浮き輪
・ビッグスコープ
・貸しタオル
・水中インスタントカメラ
※料金など詳細ついては「瀬底ビーチ公式サイト」からご確認ください
【マリンアクティビティ】
・シュノーケリング
・パラセーリング
・ジェットスキー
・バナナボート
・ビッグマーブル
・Uボート
・ウェイクボード
※料金など詳細ついては「瀬底ビーチ公式サイト」からご確認ください

おすすめのポイント

サラサラでキレイな砂浜

ビーチはとてもキレイで遊泳エリアでは多くの観光客が海水浴を楽しんでいます。

砂浜はとてもサラサラでキレイです。

透明度の高い天然ビーチ

透明度の高い海がとても魅力的です。
画像だと伝わりづらいですが、実際に見ると驚くほどキレイです。

浅瀬には貝殻や石もたくさんありました。

休憩する場所も豊富

自然にできた岩陰で休んでいる方がいました。

自然にできた洞窟のようなものもありました。

洞窟の中からの景色は上の画像のようになっています。

遊泳設備が整っている

瀬底ビーチは、トイレやシャワー、救護室などが完備されています。

売店もあり食べ物やドリンクも販売しています。

シュノーケルなどのアクティビティが豊富

マリンスポーツの受付があり、そこからシュノーケルなどのマリンアクティビティの予約ができます。

マリンアクティビティの詳細については「瀬底ビーチ公式サイト」からご確認ください。

ビーチ周辺の岩と緑が魅力的

ビーチの周りは大きな岩があり、沖縄らしい自然を感じることができます。

岩陰でゆっくり、できるぐらいの大きな岩です。

サンセットがキレイ

キレイなビーチのサンセットは最高ですね。

とてもキレイです。

瀬底ビーチ遊泳の注意事項

アクセス情報

アクセス那覇空港から車で約100分
住所沖縄県国頭郡本部町瀬底5583-1
アクティビティ有り
駐車場有り(有料)
トイレ有り

瀬底ビーチの周辺情報

ヒルトン沖縄瀬底リゾート

ヒルトン日本初のビーチリゾートホテルで2020年7月1日に開業しています。

とてもキレイなリゾートホテルで、多くの客室から瀬底島の海と星空を楽しむことができます。

すぐ近くには「瀬底ビーチ」があり「沖縄美ら海水族館」や「今帰仁城跡」も車で15分ぐらいのところにありますので、沖縄県の北部を観光したい方にはとてもおすすめのホテルです。

今回のまとめ

今回、瀬底ビーチを紹介しました。

「瀬底ビーチ」は多くの観光客が訪れる人気のビーチで、瀬底ビーチでウエディングフォトを撮影している方を見ることができました。

とても自然豊かで、白い砂浜と青い海、周辺の大きな岩や緑など沖縄の自然を堪能することができます。

遊泳設備も整っており、マリンアクティビティも豊富ですので、ぜひ一度、瀬底ビーチに足を運んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Advertisement

コメント