斎場御嶽(せーふぁうたき) | 所要時間や駐車場、入場料など周辺情報を紹介

本ページはプロモーションが含まれています

沖縄の城・文化史跡・遺跡
引用元:なんじょうデジタルアーカイブ

斎場御嶽(せーふぁうたき)は沖縄県南部、南城市にある御嶽です。

斎場御嶽は、自然と神話が織りなす沖縄の霊的中心地であり、この神聖なる場所の見どころをご紹介します。

想定読者の皆様にとって、この記事が沖縄訪問の際のガイドになり、斎場御嶽への実際の足を運ぶきっかけになれば幸いです。

各見どころの所要時間も併せて記載していますので、旅の計画にお役立てください。

※御嶽とは・・・沖縄の神を祀る聖地のこと

Advertisement

斎場御嶽(せーふぁうたき)の評価

引用元:なんじょうデジタルアーカイブ
  • 人気・知名度・・・・4.5
  • 歴史的価値・・・・・5.0
  • 保存状態・・・・・・5.0
  • 見学施設の充実度・・3.5
  • 周辺の景色・眺望・・5.0
  • 休む場所の多さ・・・4.0

※評価はOkinawa Bookmark管理者が沖縄の他の城・城跡と比較しての主観です

斎場御嶽(せーふぁうたき)の基本情報

営業時間3月〜10月:9:00 ~ 18:00
11月~2月:9:00 ~ 17:30
定休日2023/11/13 ~ 11/15
入場料(個人)大人:300円
中学生以下:150円
6歳以下:無料
入場料(団体・20人以上)大人:200円
所要時間約45~60分
駐車場有り(無料)
トイレ有り
住所沖縄県南城市知念久手堅539

斎場御嶽(せーふぁうたき)は2000年12月に世界遺産に登録されて、沖縄本島でも人気な観光スポットです。

斎場御嶽の見どころ

三庫理(サングーイ):斎場御嶽のシンボル

引用元:なんじょうデジタルアーカイブ

斎場御嶽で最も重要な拝所の一つである三庫理は、神秘的な巨石が印象的な空間です。

この象徴的な場所は、古代の信仰心と自然の造形美が融合し、沖縄の精神的な中心地としての役割を果たしてきました。

大庫理(ウフグーイ):礼拝のはじまりを告げる場所

引用元:なんじょうデジタルアーカイブ

斎場御嶽の入口近くに位置する大庫理は、訪れる人々が最初に礼拝を行う場所として知られています

この場所は、その落ち着いた雰囲気で訪れる者に安らぎを与えます。

寄満(ユインチ):豊穣の象徴、神聖なる台所

引用元:なんじょうデジタルアーカイブ

寄満は、豊かな収穫と繁栄の象徴とされ、古代琉球王国での交易品が集まる場としても重要な意味を持っていました。

訪れる者はここで沖縄の歴史の一端を感じ取ることができます。

シキヨダユルアマガヌビー・アマダユルアシカヌビーの壺:命の水を宿す壺

この二つの壺は、神聖な水が滴り落ちる場所に設置され、命の水を集めるためのものとされています。

この清らかな水は、訪れる人々に感動を与え続けています。

チョウノハナ:久高島が見える祈りの空間

引用元:なんじょうデジタルアーカイブ

チョウノハナは、久高島を望むことができる拝所であり、祈りを捧げるための場所です。この場所からは久高島の絶景を眺めることができ、訪れる人々を魅了します。

御門口(ウジョウグチ) :入口から始まる精霊への道

御門口は、斎場御嶽への参道の入り口であり、ここを通ることで訪れる者は神聖な世界へと誘われます。

精霊の世界への入り口としての重要な役割を担っています。

事前に知るべき斎場御嶽の魅力

琉球開闢(かいびゃく):琉球の創世神話

斎場御嶽は、琉球開闢伝説に登場する神聖な場所です。

琉球群島の創造神話に深く根差し、斎場御嶽はアマミキヨによって創成された七御嶽の一つと伝承されており、訪れる人々にとってただの観光地以上の意味を持ちます。

神話と歴史が交差するこの地で、訪れる者は沖縄の精神的なルーツに触れることができるのです。

聞得大君(きこえおおきみ):女性霊力の最高位

聞得大君は、琉球の宗教において最高位の神女です。

斎場御嶽は、この聞得大君が就任式を執り行う場所としても知られており、女性霊力の中心地としての重要性を今に伝えています。

その歴史的背景を知ることで、斎場御嶽の存在の重みを感じ取ることができるでしょう。

東御廻り(あがりうまーい):歴史深い巡礼の道

東御廻りは、琉球王国時代の重要な巡礼路です。

首里城を起点に、斎場御嶽を含む聖地を巡るこの道は、沖縄の精神的な景観を形成する上で不可欠な役割を果たしてきました。

訪れる人々は、王国時代の王や聞得大君が歩んだであろう道を追体験することができます。

斎場御嶽(せーふぁうたき)の入場料

入場料(個人)大人:300円
中学生以下:150円
6歳以下:無料
入場料(団体・20人以上)大人:200円

斎場御嶽のチケットは現地で購入可能です。

チケットの詳細については、公式サイトからご確認ください。

所要時間:約45~60分

斎場御嶽を観光するための所要時間は約45~60分です。

三庫理や大庫理などの見どころをゆっくり巡り、沖縄の精神的な景観に浸ることができるでしょう。

訪問を計画する際は、この時間を目安にしてください。

斎場御嶽の歴史

引用元:なんじょうデジタルアーカイブ

斎場御嶽は、沖縄県南城市に位置する琉球王国時代からの神聖な地です。

琉球開闢伝説にも登場し、古来から信仰の対象とされてきました。

斎場御嶽は「御嶽」と呼ばれる聖地の中でも最高位に位置付けられ、琉球王国の王や聞得大君が参拝する場所としても知られています。

御嶽内には六つのイビ(神域)があり、琉球国王はここで国家の安寧や五穀豊穣、航海安全などを祈願しました。

また、聖なる白砂を久高島から運び入れ、神聖な祭事を執り行う場でもありました。

その中でも、聞得大君の就任式「御新下り」が最も重要な行事とされています。

2000年には、その歴史的・文化的価値が認められ、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界文化遺産に登録されました。

斎場御嶽は、今も多くの人々によって崇拝され、沖縄の精神文化を今に伝える重要な場所です。

心静かにその歴史と文化を感じ取っていただきたいと思います。

アクセス情報・駐車場

アクセス那覇空港から車で約40分
住所沖縄県南城市知念久手堅539
駐車場有り(無料)
9時~18時まで
トイレ有り

斎場御嶽には無料駐車場が完備されており、駐車場は9時~18時まで利用可能です。

駐車場の詳細については、以下のGoogleMapをご確認ください。

まとめ

引用元:なんじょうデジタルアーカイブ

斎場御嶽は、単なる観光地を超えた沖縄の心と魂が息づく場所です。

神話から歴史、自然の美しさまで、45~60分という短い時間の中にも沖縄の豊かな文化を体感することができます。

このコラムがあなたの興味を引き、実際に足を運び、その神秘に触れるきっかけになれば幸いです。

沖縄の歴史と文化の深さを、斎場御嶽でぜひ感じてください。

コメント